トップイメージ

医師紹介

湖崎 亮







湖崎 亮(こさき りょう)

副院長
近畿大学医学部卒
専門領域 角膜疾患 白内障 網膜疾患


・平成3年 近畿大学 医学部 卒業
・平成3年 大阪大学 医学部 眼科学教室 入局
・平成4年 松山赤十字病院 出向
・平成6年  国立大阪病院 (現 大阪医療センター ) 出向
・平成9年 大阪厚生年金病院 眼科医長
・平成12年 米カリフォルニア大学 サンフランシスコ校
           眼科研究所研究員
・平成14年 日本生命 済生会附属日生病院 眼科医長
           及び、湖崎眼科 非常勤医師
・平成17年 日本生命 済生会附属日生病院 眼科副部長

・平成19年 医療法人湖崎会湖崎眼科 副院長
・平成20年 医学博士取得(大阪大学第22417号)



< 取得している専門医・加入学会 >
・日本眼科学会 専門医
・日本眼科学会
・日本眼科手術学会
・日本臨床眼科学会
・日本角膜移植学会
・日本コンタクトレンズ学会
・ARVO(The Association for Research in Vision and Ophthalmology)
・ASCRS(The American Society of Cataract and Refractive Surgery)

< 主な症例実績や研究テーマ >
・角膜移植術の総数 約50例
・白内障手術の総数 約2000例
・硝子体手術の総数 約150例
・斜視障手術の総数 約400例
・角膜移植術に関する研究

< 主な論文 >
・両眼の角膜浮腫を生じたパーキンソン病の1例
・The use of competitive PCR for quantitation of HSV-1 DNA.
・Magnitude and Orientation of Zernike Terms in Patients with Keratoconus
・アシクロビル内服による実質型ヘルペス治療
・ソフトコンタクトレンズ連続装用による細菌感染
・再発性翼状片に対する5-Fuの使用経験
・Corneal infiltration and CMV retinitis in a patient with AIDS.
・円錐角膜と高次収差
・Three cases of idiopathic "multiple-parallel-line" endotheliitis.
・Effect of NIDEK Optimized Aspheric Transition Zone Ablation Profile During LASIK for Myopia on Higher Order Aberrations

< 主な著書 >
・角膜クリニック第2版               医療書院
・眼科臨床医のためのやさしい分子生物学  診断と治療社
・眼科診療プラクティス No.63           文光堂
・ES Now illustrate No.10 No.13 No.17     Medical View社
・身につく角膜トポグラフィーの検査と読み方 金原出版
・その他