トップイメージ

ドクターズブログ

眼科グラフィック

事務の吉澤です。
眼科グラフィック6号が12月に発売です。
この本は写真が多く、専用のWEBページで動画が見られたりと、とても気になる本です。

この6号に当院副院長 前田直之医師が特集(1)前眼部疾患 でプランナーとして活躍しております。
あわせて、担当の先生方もご紹介させていただきます。

【特集(1)】前眼部疾患:スリットで分からないときに役立つ検査
湖崎眼科 前田直之

◆角膜形状解析
広島大学 戸田 良太郎先生

◆波面収差解析
筑波大学 平岡孝浩先生

◆前眼部OCT
大阪大学 相馬剛至先生

◆微生物検査
近畿大学医学部堺病院 江口 洋先生

◆マイボグラフィー
伊藤医院 有田玲子先生

眼科グラフィック




10月末も大忙し

事務の吉澤です。
前田直之副院長は10月末も大忙しでした。

10月28日 兵庫県医師会館において、眼科医会の先生向けに特別講演を行いました。
演題は「知っておきたい希少難治性角膜疾患」です。もうおひとりの特別講演の先生は仁眼科医院の山本修士先生で「眼科関連の指定難病の診断等について~網膜色素変性症を中心に~」という内容でした。

10月29日 富山眼科集談会において、「コンタクトレンズの現況と合併症」という内容で講演いたしました。
昨今実に多種多様なコンタクトレンズが登場しており、専門家でも全体を把握するのは大変だそうです。




第71回日本臨床眼科学会

事務の吉澤です。
10月17日から行われました 第71回日本臨床眼科学会で、前田直之副院長が座長の連投です!
学会での座長の他に、下記セミナーでの座長で、朝7時台のもあり大変ですね(汗)

argos

bausch+lomb

alcon

acuvue




円錐角膜の教科書がでました

事務の吉澤です。
円錐角膜の教科書「どう診てど治す? 円錐角膜」が出版されました。

編集は当院の前田直之副院長で、波面収差解析の診断については、湖崎亮副院長が書いております。
先生方の仕事を診ていますと、本を出すというのはとても大変なことだなと感心いたします。






円錐角膜

デイリーズ トータル ワン 遠近両用 新発売セミナー

事務の吉澤です。
当院副院長の前田医師が、10月7日 ウェスティン大阪にて行われましたデイリーズ トータル ワン 遠近両用の新発売セミナーでオーガナイザーを務めました。

デイリーズ




ギリシャの学会に招待されました

事務の吉澤です。 久々の更新です。

ずいぶん遅くなりましたが・・
9月15日-16日にギリシャでおこなわれました学会 IOL POWER CLUB に、当院の前田直之副院長が招待されました。

この会は、眼内レンズ度数計算式の大家のメンバーだけの会で、昨年の論文が認められて招待されたそうです。
湖崎眼科にとってもとても名誉なことです。

IOL POWER CLUB




第17回東北屈折矯正研究会

事務の吉澤です。
前田直之副院長が、第17回東北屈折矯正研究会の特別講演で「手術と視機能検査」と言うタイトルの講演をしました。
表紙にある、岩手のわんこきょうだいかわいいですね!

岩手




2017眼光学チュートリアルセミナー&第96回岡山大学眼科研究会

事務の吉澤です。

2017年8月19日(土) この日は、当院の前田医師が、ダブルヘッダーの日です。

まず一つ目。東京都港区でおこなわれました 2017眼光学チュートリアルセミナーで講演を行いました。

講演のタイトルは「角膜形状解析の新しい展開」というもので、眼科医師や視能訓練士を対象に、光学知識を、眼光学の観点から解りやすく解説するセミナーということでした。

二つ目。第96回岡山大学眼科研究会で特別講演を行いました。講演のタイトルは「前眼部疾患に対するOCTの活用法」です。

東へ西へお疲れさまでした!





第60会日本コンタクトレンズ学会で前田直之医師が表彰されました

事務の吉澤です。
先日、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で行われました第60回日本コンタクトレンズ学会の60周年記念表彰者に副院長の前田直之医師が選ばれました。

写真はその時の記念盾です。
コンタクトレンズ学会

大変美しいものですが、クリスタルですので非常に撮影が難しく(私の技量不足ですが。。)、少し加工してしまいました。

ちなみに、コンタクトレンズ学会の歴史をたどると1997年の40周年記念表彰者に湖崎克が選ばれており、そのずっと前の1977年の第21回では特別公演を行っておりました。





日本眼科医会 生涯教育講座にて講演

事務の吉澤です。
当院前田直之医師が日本眼科医会 生涯教育講座にて「屈折矯正手術と術後の対応」というテーマで講演を行いました。

今回は神戸講座ということで近場でしたが、今後東京、名古屋、福岡と続くそうです。

生涯教育

生涯教育講座というのは、日本眼科医会が会員である眼科医師の生涯教育を目的として、毎年 神戸・東京・名古屋・福岡で行われています。